HOMEセミナー ≫ 2010.01.19〜20 POP広告講習
2010.01.19〜20 POP広告講習

2010.01.19〜20 POP広告講習

和木町商工会にて、ある企業の手描きPOP広告制作、社内研修をさせていただきました。

わたしは、10年以上前にPOP広告3級を取得しましたが、県内でも有資格者はかなり少ないと思います。
本日は、和木町商工会にて、ある企業の手描きPOP広告制作、社内研修をさせていただきました。

わたしは、10年以上前にPOP広告3級を取得しましたが、県内でも有資格者はかなり少ないと思います。

昨今はパソコンが主流になってきましたが、やはり親しみやすさ、個性を出すには手描きが良いですね。

わたしは、今ではホームページを中心に制作をしていますが、商品を誰にどのように伝えるか、すべてPOP広告が基本となっています。


ある業種で市内外に13店舗を持つ社内研修で、スタッフのみなさまがそれぞれ、店長さん向け、中堅さん、新任さんと3班に分かれ
11月に1班、
本日2班、
明日3班、
をさせていただいております。

内容は簡単な座学と、後半は実践。


前回と今回のPOPの実践状況の把握。



そして、2月のバレンタインも近いため、バレンタイン向けイベントポスターを制作していただきました。

受講者のみなさまは、とても柔軟でどんどん吸収し、実践されています。

今回、非常に驚き、また、うれしかったことは、11月の1班のスタッフの方々が、学んだことを社内で共有されていたこと、そして、すぐに店舗づくりに役立てられて、見違えるようにPOP広告がよくなっていたことです。

2班のみなさまも

「店内が変わりましたよ!足を止めて立ち止まってみてくださるかたも増えています。」

とのことでした。


停滞時間も増えると確実に売り上げもあがることでしょう。


正直言って、セミナーや研修を行ってもなかなか、日々に追われて、忙しい、後回し、ということが多いのですがこれだけ確実に実践していただいている企業は初めてです。


素直に実践をしてみるという姿勢に感動しました。


POP広告も単なるプライスカードから、魅力が伝わるPOPへ。


明日は、店長さん向けなので、全体を見渡した店舗づくり、注意点、演出をテーマとしたPOPづくりをお話させていただきます。
  昨日に引き続き、和木町商工会にてPOP広告研修店長編をさせていただきました。

店長編ということで、全体を見渡したお店づくり、商品POP以外の案内、イベント、ウエルカムボード、インフォメーションボードなど。

年間を通したイベント。

そして、昨日、新人さんが作られたバレンタインポスターの講評など。


POPづくりのポイントは

・紙面割

・文字の大きさにはっきり差をつけ、メリハリを持たせると読みやすくなる

・アイキャッチ(目を止めさせる部分)をひとつ付ける

・配色で気をつけなければならないのは、カラーリングよりも明度差

・お客様が商品を購入することによってどんなメリットを得られるのか?をキャッチコピーとしてつける

という点を挙げて、実技でポスターづくりを行っていただきました。

理論だけではなかなか組み立てられませんが、理論を知って実践をすれば、確実に作り出すものは変わってきます。


また、昨日、新人さんよりもまた一段と問題意識が高く、いろいろな質問もいただきました。

・黒紙に白文字のPOPは店内が統一されて雰囲気も良いかもしれないけど、お年寄りは読みにくい

・色が沈む

・紙は汚れやすい

・キャッチコピーって何ですか?


できないことをあげるよりも、どうしたら出来るか?を考え、よくよく耳を傾けながら、現場の意見とお客様の意見を取り入れ臨機応変に対応しています。

一方面からみると解決策はなかなか出てきませんが、多方面からみると、解決策はいくらでもみつかりますし、対応できることはたくさんあります。


今日から、店舗に戻ってすぐ実践で店作りに役立てていただきたいなと思います。