Home > Movable Type【ビジネスブログ】 Archive

Movable Type【ビジネスブログ】 Archive

mt4i設置忘備録【チカッパ-サーバー利用】

■mt4i設置方法

http://www.hazama.nu/pukiwiki/index.php?MT4i

 

■準備するもの

・mt4i最新バージョン 以下よりダウンロードできます。

 http://www.hazama.nu/pukiwiki/index.php?MT4i%2F3.0

・ムーバブルタイプをあらかじめ設定をしておく。

 

 purge_old_cache.pl ----- 古いキャッシュをクリアする為のスクリプト
lib
 ■mt4i
  ■Ad.pl     ----- バナーエクスチェンジ。
  ■Cache.pl  ----- キャッシュ読み書き。
  ■Config.pl ----- 設定ファイル読み込み。
  ■Log.pl    ----- ログ読み書き。
  ■Func.pl   ----- その他外部関数。
plugins
 ■mt4i-purge-cache.pl ----- キャッシュをクリアする為のプラグイン
tmpl
 ■mt4i
  ■blog_list.tmpl
  ■comment.tmpl         ----- コメント一覧テンプレート
  ■comment_form.tmpl    ----- コメント投稿フォーム
  ■error.tmpl           ----- エラーページ
  ■footer.tmpl          ----- フッター
  ■header.tmpl          ----- ヘッダー
  ■image.tmpl           ----- 画像表示ページ
  ■index.tmpl           ----- インデックステンプレート
  ■individual.tmpl      ----- 個別記事ページテンプレート
  ■post_comment.tmpl    ----- コメント投稿フォームテンプレート
  ■recent_comments.tmpl ----- 最近のコメントページ
  ■redirector.tmpl      ----- リダイレクトページ
  ■trackback.tmpl       ----- トラックバック一覧テンプレート</pre></li>

  • 「mt4i.cgi」及び「mt4imgr.cgi」をエディタで開き、一行目のPerlパスをインストールする環境に合わせて編集、保存して下さい。配布時は以下のようになっています。
    #!/usr/bin/perl
    チカッパは以下のように設定を変更します。
    #!/usr/local/bin/perl
  • 
    
    

    インストール手順

    新規インストール

    1. テンプレートのキャッシュを溜め込む為のディレクトリが必要です。MT ホームディレクトリの直下に、以下の構成でディレクトリを作成して下さい。パーミッションは、適宜 cgi の実行ユーザーが書き込めるよう変更してください。
      MT ホームディレクトリ
       ■mt4i
           ■cache
               ■tmpl
    2. ファイル「mt4i.cgi」「mt4imgr.cgi」、ディレクトリ(フォルダ)「lib」、「tmpl」をサーバーの任意の場所にアップロード(すべて同階層に置くこと)。アップロード場所は、上記で作成した MT ホームディレクトリ直下の mt4i ディレクトリ内でなくてかまいません。
    3. 「mt4i.cgi」と「mt4imgr.cgi」のパーミッションを「755」に変更。(チカッパの場合)
    4. Webブラウザより「mt4imgr.cgi」にアクセス。
    5. 「まず最初に、MT4i Manager にログインする為のパスワードを設定してください。」と表示されるので、希望のパスワードを入力して「保存」ボタンを押下。
    6. 「MT4i Manager のパスワードを設定しました。」と表示されるので、「戻る」ボタンを押下。
    7. パスワードを入力してログイン。
    8. 「メニュー」の「設定を編集する。」にチェックをして、「ENTER」ボタンを押下。
    9. 必須変更箇所
      MT_DIR - MTホームディレクトリ・・・絶対パスで記入
      Blog_ID - Movable Type 上で使用しているBlog固有のID・・・mt4iで書き出したいブログのID
    10. mt4i.cgiをindex.cgiに変更すると、URLをhttp://www.promotion-eyes.jp/mt/mt4i/で表示することが可能になります。変更しなければ、http://www.promotion-eyes.jp/mt/mt4i/mt4i.cgiが携帯サイトのURLになります。
    11. 設定を編集して保存。設定値にはすべてデフォルト値が用意されているので、MovableTypeと同階層(mt.cgiのある場所)にインストールする場合は、何もしないで保存してもOK。
    12. Webブラウザより、「mt4i.cgi(index.cgi)」にアクセスして動作確認。

     

    ※エラー

    software error:

    となる場合は、pathの設定が絶対パスで正しく入力されていないことが考えられます。再度、確認し

    正しく入力をします。

     

    MTで携帯サイト構築

    ムーバブルタイプを設置し、携帯サイトを自動生成させる

    プラグインで代表的なものが2種類あります。

     

    このサイトも2種類

    MT4i

    ケータイキット

    のプラグインを利用し、携帯サイトをつくってみました。

     

    MT4i

    MT4i/MovableType用 携帯電話向け変換プログラム

    価格:無料

    設置難易度:★★★☆☆

         マニュアルが詳しくなく、途中で分からなくなりました。

    設置方法:設置に迷わないために、ページを準備します。

    問題点:ウェブページが書き出されない

         レイアウトや配色の自由度が低い

    設置事例: http://www.promotion-eyes.jp/mt/mt4i/

     

     

    ケータイキット

    ケータイキット for Movable Typeは、Movable Typeで構築したブログやウェブサイトを携帯電話でも閲覧できるようにするためのプラグイン製品です。独特の仕様を持つ携帯電話のブラウザ向けにテンプレートを記述するための様々な拡張機能を持ち、3キャリアに対応することができます。携帯専用のブログや携帯専用のサイトを構築する目的でもご利用いただけます。

    価格:105,000円(税込み)

        インストール後60日間、試用可

    ダウンロード:http://www.ideamans.com/keitaikit/download.php

    設置難易度:★★★★★

         ムーバブルタイプをカスタマイズできる技術がなければ、設置は難しい。

    設置方法:http://mt.keitaikit.jp/

         設置マニュアルが詳しい

    問題点:レイアウトや配色の自由度が高く、企業向け

    設置事例: 

    http://www.promotion-eyes.jp/m/

     

     

    ■総合判断

    簡単に設置したい場合は、MT4i

    ネットショップ等、本格的なモバイルサイト運営をしたい場合は、ケータイキットをお勧めします。

    ムーバブルタイプを設置し、運営しているサイトは、ぜひ、設置をお勧めします。

    Index of all entries

    Home > Movable Type【ビジネスブログ】 Archive

    Search
    Feeds

    Return to page top